2009年10月29日

アップグレード(3)

アップグレード』から『アップグレード(2)』より。

『Cakewalk Professional 6』のままのほうが製作しやすいので、アップグレードしようかな、といった計画は没にしました。…と言いつつも、パンフレットを請求しただけには止まらず、お客様相談室に電話してしまった自分がここにありました(苦笑)

問い合わせしたところによれば、『Cakewalk』シリーズに限り、古いデータをバンドルデータに置き換えれば、SONAR最新版でも打ち込み製作ができるとのこと。

つまり、ご優待…というのは、値引きが出来るか出来ないかの違いだったそうです。

これがわかれば、目安が広がるというものですねと…A(-"-;


とはいいつつも、10万円近くもするとハイコストであるし、使い方がややこしく、CPソフト上で打ち込み専用なだけ、いらないものがつかない分、『Cakewalk Professional 6』のままのほうが製作しやすいので、アップグレードしようかな、といった計画は没にしました。
posted by crossover at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

アップグレード(2)

アップグレード』より。

『Cakewalk Professional 6』のままのほうが製作しやすいので、アップグレードしようかな、といった計画は没にしました。…と言いつつも、パンフレットを請求した自分自身がそこにありました(苦笑)

早速、送られて来たパンフレット…。

内容を見てから、問い合わせするのが妥当かなと…。

それは、合理的且つ適切に対応できるようにしたかったからです。


OSではどんどんと新しい物が出てきますが、需要が特化しているDTMといった音楽製作ソフトになると、10万円単位になりやすいと高額になるので、毎回のアップグレードも万円単位となるので、趣味でやっているアマチュアには非常に困ります。


posted by crossover at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

アップグレード

『Cakewalk Professional 6』のアップグレードを考えていましたが、現在のSONARを見ると、10万円近くもするとハイコストであるし、使い方がややこしく、『Cakewalk Professional 6』のままのほうが製作しやすいので、アップグレードしようかな、といった計画は没にしました。

趣味の嗜み程度で使用するのだから、それがちょうどよいのかもしれません^^


『Cakewalk Professional 6』で動かせるのは、9Xですね。…と、隔離環境のPCを使うか、MSのProfessionalに乗せるしかないですね。…といった状況になっています。

制作活動はしばらくできないでしょうが、日々、耳と体内時計を鍛えながら自分が好きな音楽を聴いています。勿論、Jazzが殆どで、+αでClassicを聴いてます。

何時のことになるやら…(苦笑)
posted by crossover at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。